HOME >  駐車場の土地活用で頼れる会社一覧 >  イチネンパーキング

イチネンパーキング

ここでは、関西を中心に駐車場経営を手がけるイチネンパーキングを紹介。この会社で土地活用しているオーナーさんの口コミもまとめています。

「One Park」ブランドで570件以上の駐車場を運営

イチネンパーキングイチネンパーキングは「One Park」という名称で、関西地方を中心に駐車場事業を展開しています。最近では東京を初めとした首都圏にも進出。親会社のイチネンホールディングス傘下のもと、カード事業をはじめ、グループのノウハウを生かした事業拡大を図っています。

最近ではコインパーキングに加えて、スーパーや病院などに付随する駐車場や、テナントビル等の附設立体駐車場といった大型施設にも積極的に進出。運営管理件数もコインパーキング・来客駐車場・立体駐車場をあわせて579件(2011年3月調べ)を数え、様々な駐車場やその土地のニーズにあった有効活用を提案してもらえます。

コインパーキング事業では、オーナーさんの土地を一括して借り上げ、稼働状況にかかわらず毎月一定の賃料が支払うシステムを採用。土地を貸しているオーナーさんは経営や管理の手間なく、安定した収入が得られます。しかも立地次第では、周辺の月極駐車場の相場よりも高く借り上げてくれるといったメリットも。

契約は「一時使用賃貸契約」なので、借地権や営業権といった煩わしい法的拘束は一切発生しないとか。駐車場設備・看板・照明などの設置・撤去にかかわる投資およびランニングコストもイチネンパーキングが負担してくれるそうです。

イチネンパーキングで土地活用をしているオーナーさんの声

●今後3年間で運営する駐車場の数を1,000ヵ所にまで増やす計画があると伺いました。数が増えることで知名度がもっとあがることを期待しています。

●駐車場を経営していましたが、イチネンパーキングにかえてから、無人化により駐車場管理にかかる人件費の削減ができました。