三井のリパーク

ここでは、全国規模で駐車場経営を行っている三井のリパークの土地活用ビジネスについてまとめています。土地を貸しているオーナーさんの収入例や口コミも紹介。

三井不動産の系列で安定感のある駐車場経営

三井のリパーク三井のリパークが手がける駐車場経営は、なんといっても三井不動産ブランドの安心感があります。経営スタイルは、オーナーさんの土地を一括で借り上げる方式。土地を貸したオーナーさんは、毎月一定の賃料を得ることができます。

駐車場の設計施工や、開業後の運営・管理はすべて三井のリパークが対応してくれます。機器や設備を設置する初期費用や、ランニングコストはかかりません。清掃や集金、機器のメンテナンスから事故やクレーム対応といったことまで、全て代行してもらえます。

つまり、オーナーさんは土地を三井のリパークに貸すだけ。時間貸し駐車場にするのか、月極にするのかといった判断をしなくてもすみます。一括借り上げなので稼働状況も心配することがなく、毎月安定して賃料が入ってきます。

契約期間は1年といった短期運用から、中長期にわたる契約も可能です。解約は2ヶ月前までに申請すればいいそうです。

土地は20坪ほどの規模から、かなり広いものまで対応。立体駐車場にすることも可能で、希望に沿ったプランを提案してもらえます。これも大企業ならではの対応力があるからこそ。貸し主は個人でも法人でもOKだそうです。

三井のリパークで駐車場を経営した場合の収入例

■駐車スペース:10台
■料金:月3万円

■月間売上:27万円

三井のリパークで土地活用しているオーナーさんの声

●個別契約や解約などのわずらわしい業務がありません。契約後、周辺の路上駐車がなくなり、近隣から感謝の声も。

●所有している月極駐車場を、近隣の企業に社用車用駐車場として一括で賃貸していましたが、社用車の削減により大量の解約が発生してしまいました。三井のリパークさんにお願いして、時間貸しと月極の併用プランをご提案いただき、問題が解決しました。