SANパーク

ここでは、駐車場経営による土地活用をサポートしてくれるSANパークについてご紹介します。

立地条件や地形に合わせて数種類のプランを用意

SANパークを運営するのは、埼玉県に本社を持つパイン株式会社。

パインカンパニーならびにそのグループ会社では、オーナーさんの将来の相続・税務対策といったところまで含めて、土地の有効活用のためのサポート事業を幅広く手がけており、SANパーク(駐車場の運営・管理)事業もその中のひとつ、という位置づけにあります。

ちなみに同社では、駐車場だけでなく駐輪場経営のサポートも行っています。

同社が駐車場の運営方式として採用しているのは「一括借上げ方式」です。

最低2年という縛りはありますが、それ以降であれば2ヶ月前の申し出によりいつでも解約可能。

また、契約はあくまでも短期の賃貸借契約なので、借地権や営業権などが発生するようなことはなく、契約終了時には直ちに原状回復したうえで土地を返還してもらうことができます。もちろん、それに伴う金品の請求も一切ないので安心です。

ちなみに同社では、立地条件や地形に合わせたさまざまなプランを用意しています。

たとえば30台以上を収容する大規模駐車場ならゲート型、逆に小規模駐車場なら、駐車スペース一台ごとに精算機を設置する単機型といった具合です。

また、狭い土地や曲がった土地での導入実績もあるようなので、駐車場の地形としては恵まれない土地でも有効活用することができます。

SANパークで土地活用しているオーナーさんの声

SANパークのホームページでは、いわゆる「オーナーさんの声」は紹介されていません。

しかし同社の元には、土地のオーナーさんから「土地活用には興味があるけど、駐車場の経営はいろいろな点で面倒なのでは?」といった相談が多く寄せられているそうです。

それに対する同社のアンサーは、「駐車場経営に必要な設備投資や管理・運営業務はすべて行うので、面倒ではありません。土地を貸していただくだけで、毎月安定した収入が確保できます」。

まさに経営リスクを負うことなく、安定的な収入を得ることができる点こそが、同社が提供する「一括借上げ方式」の最大のメリットと言えます。