HOME >  駐車場の土地活用で頼れる会社一覧 >  日本システムバンク

日本システムバンク

ここでは、駐車場経営での土地活用を日本システムバンクで行った場合の収入例を紹介。会社の特徴や口コミなどの情報もまとめています。

日本システムバンクでの駐車場経営収入例

■駐車スペース:3台
■料金:100円/20分(時間による変動なし)

■月間売上:21万1,600円(利益率90%)

電気自動車の普及を見据えた駐車場を開発

日本システムバンク日本システムバンクは、コインパーキング、分譲マンション、プロパティマネジメントを中心に事業を展開しています。駐車場は全国で約4,000ヵ所、5万車ぶんを管理している大手企業です。

近年では、自社が管理する駐車場に電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)用の最新充電スタンドを設置するなど、新しい取り組みにも前向きなようです。

これからますます普及すると思われるEV車やPHV車に対応していくために、2012年3月くらいを目処に50ヶ所くらいに設置する予定だとか。駐車場の付加価値が高まるので利用者増も見込めますね。

日本システムバンクのコインパーキングビジネスは、主に主要道路に面した土地を対象にしています。これは好立地環境であればあるほど、収益がうまれるから。小さな土地でも、クルマが止められるスペース(5m×2.5m程度)があれば運営可能だそうです。

開業後のオーナーさんの業務は、基本的に集金・清掃だけ。メンテナンス業務委託契約を結べば、コインパーキングの装置点検からお客様対応までの一切を日本システムバンクが請け負ってくれます。

新しい技術も積極的に導入しています。例えばICカードによる利用者認証に対応。カード会員には割引特典などの情報配信も可能だそうです。サポート面でもトラブルに備え、24時間無休のコールサービスを導入しているので安心です。

日本システムバンクで土地活用をしているオーナーさんの声

●売却を考えていた土地がなかなか売れず、固定資産税だけ毎年支払っていました。今は安定収入も確保でき助かっています。

●古いテナントビルを所有していたのですが、空室が多く収入が激減してしまい、リフォームするにしても建物が古すぎて困っていました。思い切って更地にし日本システムバンクのコインパーキングに。最新の機器が導入され利用者からの評判も上々です。