パーク24

ここでは、「タイムズ24」の名前で駐車場経営を手がけるパーク21の土地活用ビジネスを解説。利用者である土地オーナーさんの口コミも紹介しています。

駐車場経営で20年以上の実績を持つ強み

パーク24パーク24は、20年前の1991年に東京都台東区に時間貸駐車場をオープンして以来、着実に成長を遂げてきた会社です。

現在は遊休地だけではなく、商業施設やオフィスビル、公共施設の駐車場を「タイムズ24」の名前で運営。その他、タイムズ駐車場周辺の加盟店をフリーペーパーで紹介するエリアプロモーションや、タイムズ駐車場で車を借りられるカーシェアリングなどの事業にも乗り出しています。

タイムズ24での駐車場経営は、個人・法人のオーナーさんから土地を一括借り上げして行うスタイル。住宅街からビジネス街、小規模から施設型まで、土地の規模や立地条件にあわせて最適なプランで駐車場を経営します。そのうえで、土地オーナーさんに毎月一定額の賃料を支払うシステムです。

基本的な契約期間は2年。その後は1年ごとに自動更新されます。解約については、契約期間経過後は3ヵ月前に予告すればいつでも解約できます。原状復帰してからの引き渡しなので、その後の土地活用もスムーズに行えます。

駐車場の開業に必要な看板購入費、電気工事費、機器・看板の設置工事費などのイニシャルコストは、タイムズ24が負担してくれるので不要。機器の設置や開業後の集金・保守・清掃・24時間緊急対応(コールセンター)なども、グループ会社がトータルでサポートしてくれます。

独自の情報ネットワークを構築して、全国のタイムズ駐車場とオンラインで情報を交換するなど、駐車場としての最適化を考えたサービスは、オーナーさんにも大きな安心を与えてくれるでしょう。

パーク24で駐車場の土地活用をしているオーナーさんの声

●都内をはじめ知名度抜群な点はメリットになると思います。

●相続税対策で駐車場経営をしようと考えていました。将来土地の売却を行い、その資金で納税をしようと考えた時、土地に建物がある場合には売却の際に解体・撤去に思わぬ時間や費用を要したり、売り焦りによる資産の目減り等が発生することがありますが、パーク24では原状回復してもらえるので安心です。