HOME >  土地活用の基礎知識(駐車場編) >  駐車場を開業するまでの流れ

駐車場を開業するまでの流れ

ここでは駐車場経営で土地を活用したい方に向けて、コインパーキングを例に経営をスタートするまでの流れを説明していきます。

駐車場経営をスタートするまでの流れ

駐車場の経営方法は、大まかなところでは以下の3パターンに分けられます。

  • 経営業務を自分ですべて管理する。
  • 駐車場経営を行っている会社に土地を貸して賃料を受け取る。
  • 経営サポート会社と共同で駐車場を経営する。

方法によって、経営をスタートするまでの流れも違ってきますが、コインパーキングの場合を例に流れを説明していきましょう。

1.駐車場経営サポート会社に相談、連絡
駐車場経営での土地活用に興味があるなら、まずはタイムパーキングなどの経営サポート会社に相談してみましょう。
ほとんどの会社は、無料で相談に乗ってくれます。

2.物件調査・周辺調査
駐車場経営の専門スタッフが、土地の立地条件や近隣状況、交通量、需要予測を独自のノウハウをもとに調査します。

3.収支予測
調査結果をもとにして、収支モデルをシミュレーション。オーナーさんや管理会社に支払う土地の賃借料や、コインパーキングレイアウトなど運営プランが提示されます。

4.駐車機販売・メンテナンス契約
コインパーキングで必要な機器の購入やリース、あわせてメンテナンスなどの契約を駐車場サポート会社と結びます。

5.運営・管理
集金や清掃、メンテナンスなどはサポート会社が一括して行うので、オーナーさんの手間はかかりません。

一般的に駐車場経営は、集金や清掃、警備、売上予算管理、販促業務、トラブル対応などで思ったよりも労力や費用がかかります。こうした点を考えると、自分で経営するよりも、駐車場の経営サポートを専門に行っている会社と協力して運営するほうが、経営を安定化、そして成功させる可能性が高まっていくのではないでしょうか。